11/22

ある塾生(女子)に

今日のテスト(中1、期末考査英語)どうやった?

 

「まあまあかな。80点はあると思う。」

 

問題用紙を見せてもらって

この最後の問題の答え何て書いたの?

 

Bobを代名詞に置き換えて

三単現のSをつけるのがポイント。

 

「覚えていない。」

 

あらら、

 

多分間違ったかもしれませんね。

 

ありがとう問題でしょう。

 

彼女には

テストの返却が楽しみだね。

とだけ言っておきました。

 

あんなに教えてあげたのに、

 

そこのところは注意するんだよと散々言っていたのに、

 

時間を忘れて

一緒に勉強したのに、

 

だからと言って

指導者(塾の先生、ご家庭のお母さんお父さん)は

決して叱ってはダメ。

 

本人が一番反省しているでしょう。

 

自分の気晴らしで

子どもを叱っちゃだめ。

 

子どもに

トドメを刺すような言葉を吐いちゃだめ。

 

同じ目線にたってもダメ。

 

一つ上の立場で

見守ってあげましょう。

 

なんてたって

可愛い塾生(お子さん)だから。

 

 

11/9

昨日のSちゃん(中1女子)との会話

 

「今度の期末テストの目標点はどうしよう。」

 

Sちゃん

「んー、前回を超えること。」

 

「それでもいいけど

学校の先生から解答用紙を返してもらった時に

とても嬉しいと思う得点を目標点にしようか。」

 

ということで

書いてもらいました。

 

次回の期末テストの目標点は

国語;97点、社会;99点、数学;96点、理科;95点、英語;98

合計485点!

 

いいね。

 

授業終了後、

宿題を課します。

4日分の宿題です

 

塾ワークから

国語6ページ(練習問題)、

歴史4ぺージ(まとめ問題)

数学4ページ(応用問題)

理科4ページ(まとめ問題)

英語6ぺージ(まとめ問題)

あと歴史教科書テスト範囲黙読2回

以上。

 

Sちゃん

「えー、こんなにするの~

できない。」

 

「そうかな、

期末テストの目標点を考えれば

これぐらいしないと。」

 

Sちゃん

「んー、取れなくていい。」

 

ジャンジャン。

 

 

 

10/29

英作文の作り方。
分節分け、
分節の英語、
並べかえて終了。

 

10/23

関数の定義

「ともなって変わる2つの変数XYがあって、

Xの値を決めると、

それに対応して

Yの値がただ一つに決まるとき、

YXの関数である。」

 

こういった関係になるものを

5つ(できれば10個)あげなさい。

 

関数を理解できない子は

1つもあげることができません。

 

言葉を理解するためには

その言葉を使った例文を

 

最低でも5文は作りましょう。

10/19

中1女子塾生

今回の中間考査結果を見ての

親御さんへの報告

 

中間考査の社会(89点)・数学(84点)・理科(86点)・英語(78点)

それぞれのテスト間違い直しをしました。

 

寸評

彼女の性格が出たテスト?

 

ご愛嬌?

 

英語で一旦困ると

それ以降の思考が止まる?

ただ、

英文を見たときに

主語の人称、

Be動詞の文か一般動詞の文なのかの判断が

正確に出来ていなかった、

というより気にしていなかったことが分かりました。

 

彼女の場合

凡ミスを避けることが出来ません。

 

となると

少々ミスを犯しても

それなりの得点が取れるよう

実力をもっとつけましょう。

 

そうしたら

 

意外とミスも減るかもしれません。

 

10/5

同じ問題でも

子どもとお母さんとでは

絵も違えば解き方も違う。

 

見比べると

面白いよ。

下の二枚の写真。

 

どんぐり問題(絵で解く算数文章問題)

3MX02> (答えは14時間)

デンデン君は、毎朝公園の周りのお散歩ロードを1周します。

お散歩ロードは1周200mです。

デンデン君は15分で5m進むことができます。

では、デンデン君が朝のお散歩以外に使える時間は

1日に何時間何分あるでしょう。

 

 

9/26

勉強が得意な子の思考回路と

勉強が苦手な子の思考回路との

数が違う?

 

ある問題を解くに当たって

勉強の得意な子はいろいろな解き方がイメージでき

そのうちのどれを使おうかなと考え、

 

勉強の不得手な子は

ある問題を解くに当たって

1つしか解く方法を思いつかない、

またはまるっきり思いつかない、

イメージできない。

 

その差かな、〇〇チャン。

 

 

6/23

日頃勉強する習慣のない子は

テスト前だからといって

集中して何時間も

勉強できるわけがない。

ほとんどの子が音を上げる。

 

毎日やることやっていたら

テスト前でも楽なのに。

残念なこと。

6/22

間違った問題、

できなかった問題に

どれだけこだわることができるか。

解説を読み、

教科書でも確認し、

資料集まで参照すること。

それでも納得ができないときは

私に聞くように。

 

答え合わせをして

「はい、終了」ではダメ!

 

間違った問題こそ

「ありがとう問題」

 

 

粗末に扱ってはダメ!

6/21

中1のSちゃん、

中間考査の時より

やる気が少し欠けている。

 

どうなることやら、

 

乗せて乗せて

テスト勉強やらせるべきか、

 

一度痛い目に合わせるべきか、

 

どうしましょ。

6/19

来週27日から期末考査と

塾生から聞いていたが

本当は

来週26日からだった。

しっかりしてちょうだい。

6/16

トコトコ勉強したい子

おらんか。

適当でいいと言う子が多すぎる。

適当な子とは付き合いたくないね。

こちらの時間が勿体無い。

6/15

だから定期考査で450点突破できないんやで。

考えが甘い、

気合が足らん。

私が課す課題ぐらい軽くこなしなさい。

甘いな。

あんたの学力を考えて

課題を出しているんよ。

課題が与えてもらえるだけ

ありがたいと思いなさい。

本当なら

自分で考えてテスト勉強しなさいと

言いたいところです。

 

6/12

中1のSちゃん、

「数学、方程式文章問題」

なかなか等式が作れない、

これからお互い苦労しそう。

 

以下の問題は

瞬時に解ける頭になろうね。

方程式を使う方が

まどろっこしい。

 

「集会で、会場に長椅子を何脚か並べた。

参加した人たちが、長椅子1脚に3人ずつ座ると

8人が座れず、4人ずつ座ると1人だけ座った長椅子が1脚できた。

並べた長椅子は何脚ですか、また、参加した人数は何人ですか。」

 

答えは

 

長椅子11脚、参加人数は41

 

6/11

不登校になった塾生、だけど塾には真面目に通塾。

不登校と勉強は別物やもんね。