「備えあれば憂いなし」

とはよく言ったもので、

まさにその通りです。

防災グッズの必要十分条件とはなんでしょうか?

 

その1:頭部を守る準備が災害対策の基本

 

その2:震災直後3日間を生き抜くことが大事

 

そして最後は防災セットの重さです。

 

GGJの防災グッズの総重量はたったの2,5キログラム

 

地震後、

津波や火災がすぐに来ます。

 

そんな時に重たい防災グッズでは

げ遅れます。

 

 

高齢者や女性でも

背負って走って逃げれる軽さになっています。

 

 

今や一家に一つ、

ではなく、一人に一つ、

大切な命の安全を保障するこの防災グッズを手に入れましょう。

 

予期せぬ地震があなたを襲った時

 

あなたはどうしますか?

 

あなたは愛する家族を守れますか。 

 

本当に守れますか?

 

ここでしっかりと

 

想像してくださいね。

 

あなたの想像力の欠如が

 

致命傷になります。

 

これは何も大げさに言っているわけではありません。

 

あの時、

あれさえあれば

ああしておけば

 

よかったのに

 

と後悔だけはしないでください。

 

悔やんでも悔やみきれません。

 

ヘルメットがあれば、

急な落壁にも頭を守れます。

wayライトの懐中電灯

があれば、

暗闇の中に光が差し込みます。

軍手があれば、

ガラスの破片にも対処できます。

レインコートがあれば

雨露をしのぐことができます。

 

 

 

があれば、

自分の居場所を

教えることもできます。

 

 

 

 

寝袋があれば、

寒い夜もしのげますね。

 

 

 

 

 

この寝袋は

写真のような使い方もできます。

 

 

 

救急バッグと水タンクです。

救急バッグには

写真に見られるように

10点が収まっています。

 

 

 

上記の防災グッズが

このリュック1つに収まっています。

総重量が2,5キログラムです。

 

とてもコンパクトです。

 

 

 

予期せぬもしもの時に役に立つもの、

あなたにはそれは何でしょうか。

 

あなたは生命保険に入っているでしょうか。「はい」

 

 

あなたは銀行に預金をしているでしょうか。「はい」

 

 

あなたは自動車保険に入っているでしょうか。「はい」

 

 

全て、もしもの時を考えての備えですね。

 

 

 

同じです。

防災グッズを常備するということも。

 

 

ある「防災に関する意識調査」では、

防災対策意識ができている人は60%で

年齢が上がるにつれて意識が高まる傾向がわかりました。

 

最後に

最低限の日頃から備えておきたい

最低限の防災グッズを3つ紹介しておきます。

 

1つ目が懐中電灯、

2つ目が飲料水と食料品、

3つ目がラジオです。

 

スマホアプリのラジオは充電が切れればおしまいです。

 

1つ目の懐中電灯に充電機能があれば補えることができます。

この防災グッズの懐中電灯にはそれが備わっています。

 

2つ目の飲料水と食料品は災害にあった当日には

さほど必要ではないと思います。

食べなくても生き延びることはできます。

 

 

 

だけど生き延びるための防災グッズは必要です。

それを兼ね備えているのが今回ご紹介した

GGJ防災グッズです。

 

 

ご注文は

楽天市場から出来ます。

こちらからどうぞ。

https://item.rakuten.co.jp/goldgreenjapan/01/

 

または、エキスパート(下記)からのご注文なら

おまけもつけることができます。

よろしくお願い致します。

販売元:(株)Gold Green Japan

担当者;吉田 末慶

連絡先:FAX;072-254-3005     

                Mail; expert1119@triton.ocn.ne.jp